平成30年1月4日より、預貯金口座ごとに「ダイレクト納付利用届出書」を提出しておくと、ダイレクト納付の際に利用する預貯金口座を選ぶことができるようになります。たとえば、源泉所得税はA銀行の口座、法人税はB銀行の口座といったように、税金の種類別に異なる口座を使用して、ダイレクト納付を利用することができるようになり、より使い勝手がよいものとなります。

国税庁「ダイレクト納付口座の複数利用の開始について」

ダイレクト納付とは、事前に税務署に届出をすることで、e-Taxを利用して電子申告のデータ送信などをした後に、簡単な操作で、届出をした預貯金口座から納税することができる制度です。金融機関や税務署の窓口に出向く必要がなくなり、即時または納付日を指定して納付することができるため、とても便利な制度です。