国税庁は「e-Tax利用の簡便化の概要について」を公表しました。

 

国税庁「e-Tax利用の簡便化の概要について」

 

2019年1月から個人の方のe-Taxの利用がより便利になります。

 

1.e-Tax利用手続が簡便化されます

(平成31年1月以降のe-Tax利用のイメージ)国税庁ホームページより引用

 

e-Taxの電子証明書にマイナンバーカードを利用するときは、e-Taxの開始届出書の提出が不要となります。

また、マイナンバーカードも取得していないときは、税務署で手続をすることにより、マイナンバーカード・ICカードリーダライタなしでe-Taxを利用することができます。

 

2.スマホで簡単に確定申告することができるようになります

年末調整済みの会社員(給与所得者)の方で、医療費控除またはふるさと納税などの寄附金控除を適用して申告する場合に、スマートフォンやタブレットで確定申告書を作成することができます。また、ID・パスワード方式を利用して、税務署でID・パスワードを発行しておけば、マイナンバーカードやICカードリーダライタがなくても、ID・パスワード方式を利用して作成した確定申告を送信し、完了させることができます。