国税庁は「よくわかる消費税軽減税率制度」を公表しました。

国税庁「よくわかる消費税軽減税率制度」

 

内容は次のとおりです。

・軽減税率制度ってなに?
・日々の取引や経理にどのような影響があるの?
・飲食料品の取扱いがない事業者の方や免税事業者の方も対応が必要となる場合があります!
・日々の業務で対応が必要となることは?
・軽減税率の対象品目
・帳簿及び請求書等の記載と保存(平成31年10月1日~平成35年9月30日)
・消費税額の計算と税額計算の特例
・適格請求書等保存方式(いわゆるインボイス制度)の導入(平成35年10月1日~)
・軽減税率対策補助金
・軽減税率制度実施後の価格表示

 

●消費税の軽減税率制度とは?

2019年10月1日の消費税率の10%への引上げと同時に軽減税率制度が導入され、次の軽減税率対象品目については軽減税率8%が適用されます。

(軽減税率対象品目)
・酒類・外食を除く飲食料品
・週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)

これに合わせて、まず、区分記載請求書等保存方式が導入されます。
また、2023年10月1日以降は適格請求書等保存方式(いわゆるインボイス制度)が導入されるなど、消費税に関する経理事務が大きく変わることとなります。